トップ / アーク溶接の資格をとる

アーク溶接の資格をとる

アーク溶接の資格

アーク溶接の資格の取り方

アーク溶接の作業は生産工場や建設現場等で幅広く行われています。それを行うのに必要な資格の取り方は、特別教育を各事業所又は都道府県労働局長登録教習機関で行われる講習を終了することです。満18歳以上の人で、学科を10時間と実技を10時間以上受けたものに当日終了証が交付されます。この講習には受講料とテキスト料がかかります。アーク溶接をするとき溶接装置の不備等による事故がしばしば発生することがあります。そういうことがないように講習を行って安全に溶接が出来るようする資格です。これはいろいろな仕事で使うことが出来るので取っておけば便利なものです。

アーク溶接

アーク溶接の資格について

アーク溶接作業者の資格は、18歳以上の者で講習と実技で取得する事が出来ます。特別講習の受講が基本になるためしっかり2日間の講習を受ける事が必要になります。費用は講習と実技で23811円です。資格取得は比較的簡単で毎年多くの人が受かっています。問題集や教本がたくさん出ており、基本的な知識の他、作業に関する知識、関係する法令が試験範囲になります。金属電極と被溶接物の間にアーク(火花)を発生させ、その熱を利用して溶接を行う仕事で、製造・建設・造船など様々な現場で行われています。アーク溶接作業者の平均年収は、男性の平均が約400万円、女性は約300万円です。受講と実技の日程は各月1回程度で全国各地で行われています。

↑PAGE TOP

© Copyright 資格の難易度を確認する. All rights reserved.