トップ

資格の難易度を確認する

資格の難易度の見方

難易度別の資格試験について

誰もが認める難易度ナンバー1の国家資格は司法試験です。裁判官、検察官、弁護士を志す人が受験しますが、現在はこれを超える難しい試験はないと言われています。難関中程度の試験の一つには建築士があります。試験科目は学科と実技に分かれていて、1級と2級でも受験資格や試験科目は異なりますし、建築士の水準を一定に保つために合格制限が設けられています。難易度が極めて易しいものは、野菜ソムリエや薬膳アドバイザー、カラーセラピストなど、趣味としても楽しめるものもあります。セミナーや講習会を受講したり、独学などで認定試験を受けますが努力すれば取得が可能です。

アーク溶接

資格の難易度はただの目安

資格の難易度はただの目安です。背景となる知識があったり、相性が良ければ意外と楽に合格できたりします。逆に相性が悪ければ、簡単だと言われているものでも難しく感じるものです。効率的に世間での評価を高めるためには、一般の人には難しいものだが、自分にとっては大して難しくないと感じられるものを取ると良いです。資格の情報は溢れていますし、過去問なども比較的簡単に入手できますから、実際の問題を見てみることをおすすめします。難しいと言われているものの中にも簡単に感じるものがある可能性があるので、見ずに判断しないようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 資格の難易度を確認する. All rights reserved.